小学校・中学校・高校・特別支援学校教諭 詳細

選択

講 習 番 号 155
講習の名称 【選択】算数・数学(小中高)を貫く教材理解
講習の概要  近年、諸研修が指導形態に偏っていると感じます。教材自体・カリキュラム構造の理解を深めることで、小中高の連携も一層強固なものになるはず。例①比例(小)→一次関数(中)→接線(高)などは典型的な一貫教材です。②論理用語「かつ」は高校で習いますが、その萌芽は、何と小2算数の教科書に見ることができます。そのほか、本講座では、①児童生徒の心理と教材、②量概念の形成について教材理解を深めます。
担 当 講 師 根岸均(秋田大学橫手分校長)
講習の開催地 秋田県横手市
時  間  数 6時間
講習の期間 平成29年8月9日
対 象 職 種 教諭
主な受講対象者 小学校、中学校(数学)、高校(数学)
受  講  料 6,000円
受 講 人 数 12人
受講者募集期間 平成29年5月25日~平成29年7月12日
△ページトップ

[ 戻る ]